Pocket
LINEで送る

日時:
2019年11月2日(土)15:05  KICK OFF
会場:
白波スタジアム (鹿児島県立鴨池陸上競技場)
対戦相手:
ファジアーノ岡山
試合終了
0 0 - 0
0 - 0
0

監督

金 鍾成

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
堤 俊輔 DF 19
酒本 憲幸 DF 20 ▼76 分
水本 勝成 DF 23
砂森 和也 DF 24
五領 淳樹 MF 11 ▼84分
枝本 雄一郎 MF 16
牛之濵 拓 MF 32
中原 秀人 MF 38
ニウド MF 39
韓 勇太 FW 28 ▼61分

リザーブメンバー

大西 勝俉 GK 31
平出 涼 DF
藤澤 典隆 DF 15 △76分
八反田 康平 MF 21
田上 裕 MF 33 △84分
和田 凌 FW 44
ルカオ FW 49 △61分

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグ公式サイトをご覧下さい。

◇アン ジュンス 選手コメント

今日は危ないシーンもありましたが、その分、うちもいいシーン、惜しい場面を作っていて、最後の最後を決められるかどうかというところで結果は0-0でした。
ここ数試合、みんな守備の意識が高くなったことで、無失点の試合が増えていると思います。
勝点1を取れたことは大事ですが、勝点3を取りたかったです。
自分もいいセーブはありましたが、その前にニウド選手たちが最後の最後まで戻ってくれたから、止められました。
次の柏レイソルはもともとJ1にいたクラブで、非常にレベルが高いチームですので、1週間いい準備をして臨みたいです。

 

◇堤俊輔 選手コメント

前節、大事な試合を勝って、でも「ここで負けたら絶対ダメだ」という話をしていて、気持ちはすごく入っていましたし、勝ちに行くという意志があったと思います。
ピンチの時にはジュンスがいいセーブをしてくれて、助けられましたし、後ろの選手同士でコミュニケーションを取りながら、悪い時間も失点しないように話をしながら守備をしました。
今日は勝点1を得ましたが、自分たちは残留が決まったわけではありません。
もっと勝点を積み上げないといけないですので、次は勝点3を取れるようにいい準備をしたいと思います。

 

◇水本勝成 選手コメント

岡山は得点力のある選手が前にいるので、しっかりとラインをコンパクトにして、厳しく守備にいこうということを試合前から話していました。
それは試合の中で、うまく連携を取りながらやれてた部分がありますが、裏を取られた場面もあるので、もう一度修正するポイントだと思います。
ここ数試合、うまく全体の連携が取れていて、なおかつチーム全体として守るという意識が改善につながっていると思います。
前節の大一番で勝てて、5試合で失点も減っていて、でもそれで点が取れない現状があります。
残留を考えると現実的ではありますが、自分たちが目指しているサッカーという意味では、得点が奪えていないのは大きな課題に感じています。
まだ残り3試合ありますし、残留が決まったわけではないので、勝点を積み重ねていきたいです。

◇ニウド 選手コメント

前節から3日後の試合ということで、体力的に厳しいところがありました。
勝ちではありませんでしたが、引き分けで勝点1を取れましたし、この勝点1を活かせるようにしたいです。
岡山はセンターバックの裏にボールを出してくるという事前の予測があって、そこに準備してきましたし、自分が得意とする守備の面で貢献できたと思いますので、これを次の試合でも続けていきたいです。
自分の果たすべき役割はJ2残留です。
ここから先、自分だけでなくチーム全員のチカラが必要となるので、結束して、次は勝点3を持ち帰れるように頑張りたいです。

 

最初 ジュンス かつお つつ
ニウド ルカオすな シャケ しゅうと 最後