Pocket
LINEで送る

日時:
2019年9月15日(日)19:03  KICK OFF
会場:
白波スタジアム(鹿児島県立鴨池陸上競技場)
対戦相手:
モンテディオ山形
試合終了
0 0 - 3
0 - 0
3

監督

金 鍾成

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
堤 俊輔 DF 19
酒本 憲幸 DF 20 ▼66分
水本 勝成 DF 23
砂森 和也 DF 24
五領 淳樹 MF 11
枝本 雄一郎 MF 16 ▼57分
八反田 康平 MF 21 20分
牛之濵 拓 MF 32
ニウド MF 39 ▼HT
ルカオ FW 49

リザーブメンバー

猿田 遥己 GK 29
赤尾 公 DF
藤澤 典隆 DF 15 △66分
中原 秀人 MF 38 △HT
韓 勇太 FW 28
萱沼 優聖 FW 30
和田 凌 FW 44 △57分

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグ公式サイトをご覧下さい。

円陣 牛之浜 五領 堤中原 和田

■ 堤 俊輔 選手コメント

ホームで勝てなくて残念です。
自分たちがいかに失点を抑えて先制点を取れるかがキーになると分かっていて、また相手は奪ってからのショートカウンターを得意とすることも分かっていて、それでも相手に先制点を与えてプラン通りになったのは残念です。
後半負けているから前に行くように監督から言われていて、でも追加点を与えていいわけではないので、後ろはゼロに押さえて攻撃的に行こうという話をしていました。
結果後半は失点しませんでしたが、前半のうちに3点取られてしまって、そこで勝負が決まりました。
山形のように引いて守備ブロックを作るチームを崩すのは大変ですし、そこをいかに崩していくか、もっともっと縦パスを入れて、イメージを共有しながらしっかり、2人3人が絡んでコンビネーションを作って打開する。
口で言うのは簡単で実践するのは簡単ではありませんが、これをやっていかないといけないのでトレーニングからこだわっていきたいです。
ミスをなくしていくところ、1対1の場面、球際のところを勝っていくことで、最低でも勝点1を積み重ねて、当面の目標である残留に向かっていきたいです

■ 中原 秀人 選手コメント

立ち上がりからミスが絡んだ失点だったので、入りとしては良くなかったですし、前半で3失点したことが流れを苦しくしたと思います。山形が前からプレスをかけてきた時に回避できなかったことと、バイタルにボールを運んでもシュートまで持っていけないことを前半ベンチから見ていて感じました。後半から自分は出場しましたが、相手も引いていたので、ビルドアップはできましたが、最後の崩しのところが今ひとつでした。
自分の良さであるダイレクトプレーやリズムを作ることを、ミスなくすることで得点につながると思っていましたが、もっと得点チャンスにつながるパスを出したかったです。
これだけシーズンが進むと相手も鹿児島のサッカーを分かって対策してきますし、自分たちがもっとうまくプレッシャーを外して、逆手にとることが大切です。それに加えて、バイタルエリアまでボールを持っていったらシュートまで持っていくことを突き詰めたいです。
次は栃木SC戦で、重要な一戦となります。今日みたいに複数失点すると苦しいので、自分たちのサッカーをしつつも失点を抑えられるようにしたいです。

■ 和田 凌 選手コメント

自分個人というより、鹿児島ユナイテッドFCとして勝たないといけないホーム戦と思って臨んだので、勝てなかったことがすごく悔しいです。
自分が入ってからの残り時間を考えると、試合をひっくり返すために自分のプレーを全面に出さないと点も取れないので、自分のすべてを出すつもりでピッチに立ちました。今シーズンも終盤戦になっていますが、やはりサポーターのみなさん、とクラブが一つにまとまって、勝点を取るために戦うことが必要だと思います。そうすればもっといいプレーが出せますし、みんなでここを耐えていい結果が出せるようにしたいです。
自分が鹿児島ユナイテッドFCに来たのは、チームの目標を達成するためで、そのために鹿児島の一員になりました。
チームの目標を達成するために自分の力を100%以上発揮しないといけないと思います。試合で結果を出せる準備をして、自分がチーム引っ張っていけるように日々練習していきたいです。