Pocket
LINEで送る

日時:
2019年8月24日(土) 18:03  KICK OFF
会場:
ニッパツ三ツ沢球技場
対戦相手:
横浜FC
試合終了
1 1 - 3
0 - 2
5

監督

金 鍾成

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
ヨン ジェミン DF ▼68分
藤澤 典隆 DF 15
水本 勝成 DF 23
砂森 和也 DF 24
五領 淳樹 MF 11
枝本 雄一郎 MF 16
八反田 康平 MF 21 ▼38分
牛之濵 拓 MF 32
ニウド MF 39 76分
ルカオ FW 49 ico_goal39分 ▼66分 28分

リザーブメンバー

山岡 哲也 GK
堤 俊輔 DF 19 △68分
平川 怜 MF △38分
酒本 憲幸 MF 20
韓 勇太 FW 28 △66分
萱沼 優聖 FW 30
和田 凌 FW 44

 

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグの公式サイトをご覧下さい。

ジェミン② 枝本② 牛之濵① 平川①ルカオ① 藤澤②

平川 怜 選手コメント

試合開始前半の自分たちの時間帯に決めきれず、立て続けに失点してしまったところにチーム力の差を感じました。
1点取り返して、ここからという時に自分のミスから失点してしまい、3失点してしまうと、こちらも陣形を崩さないといけなくなるので難しい試合にしてしまったと思います。自分の実力を上げるしかないと思いますので、今日の反省を次につなげられるよう切り替えて頑張りたいです。
アウェイで勝てるかがチームがより良い順位になる為には必要だと思うので、次の試合もしっかり準備して勝てるようにしていきたいと思います。

藤澤 典隆 選手コメント

サイドバックが高い位置をとることで、相手は嫌がっていたなと僕自身は感じ、それを繰り返し、押し込んでフィニッシュに繋げられたら良いなと思っていましたが、チームとして共通理解ができていませんでした。
ボールを奪ってカウンターという相手にとって楽で攻めやすい環境をつくってしまったなと思います。
相手が何を嫌がって、自分たちが何をしていかなければならないかを試合の中でもっと流れを読まなければならないと思います。
どのチームもやられたくないところは隠しながらやってきますし、そこを押し込めず、相手のイメージ通りにボールを失ってしまったというところが相手の質の高いカウンターを助長してしまったかなと思います。

牛之濵 拓 選手コメント

試合開始15分程、自分たちの流れが来ている中で1点を取れなかったこと、そこで自分たちのミスで1点を与えてしまい、相手にリズムをつくらせてしまいました。
点を取り返すため、リスクを負って攻めた際にできたスペースを相手に的確に突かれたころ、1,2失点目から相手の思惑通りにせざるをえなくなってしまったことが結果につながったと思います。
カウンターの質というところには差を感じました。
失点に関してはしてはいけないミスでしたし、研究された相手に対して、自分たちがボールをまわしていく中で、しっかりリスク管理をしていかないとこのようなカウンターの質の高いチームには失点してしまうので反省しなければいけないと思います。
やることは変わらず続けながら、勝負を決めるところではより集中したプレーが必要ですし、それが僕たちの勝利につながると思うので、続けていきたいです。

ルカオ 選手コメント

まず、横浜の地に勝ち点3をとるために来ましたが、失点を重ねてしまい、自分たちで試合を難しくしてしまったというのが第一の印象です。
このような試合から立ち直るのはチームとして難しいことですが、今日の試合を糧にして次の試合に向けて勝ち点3をとれるように準備していきたいと思います。
(得点シーンは)練習中から枝本選手と息を合わせ取り組んできたので、彼ならあのような状況でパスを出せることは分かっていました。
まだ日本に来て間もなく適応しきれていない中、結果を残せたのは自分を褒めたいと思いますが、勝つことができませんでした。
アウェイ3連戦の中で、次の相手もクオリティーの高いチームと分かっていますし、次節ではニウド選手が出場できないので、どう取り組んでいくかが課題であると思っています。