Pocket
LINEで送る

日時:
8月17日(土) 19:03   KICK OFF
会場:
白波スタジアム(鹿児島県立鴨池陸上競技場)
対戦相手:
愛媛FC
試合終了
4 0 - 1
4 - 1
2

監督

金 鍾成

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
藤澤 典隆 DF 15 ▼90+1分
堤 俊輔 DF 19
水本 勝成 DF 23
砂森 和也 DF 24
枝本 雄一郎 MF 16
八反田 康平 MF 21
萱沼 優聖 MF 30 ▼62分 13分
牛之濵 拓 MF 32  ico_goal83分
ニウド MF 39 35分
ルカオ FW 49 ▼62分

リザーブメンバー

山岡 哲也 GK
ヨン ジェミン DF
田中 奏一 DF 26 △90+1分
五領 淳樹 MF 11  ico_goal78分 △62分
酒本 憲幸 MF 20
中原 秀人 MF 38
韓 勇太 FW 28  ico_goal65分 △62分

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグの公式サイトをご覧下さい。
 
 

■ 五領淳樹 選手コメント

同点ゴールの場面ですが、相手のキーパーが積極的に出ているのが分かっていたので、まずキーパーが出れない位置に出すことを考えました。また速すぎるボールだと味方が合わせづらいので、ふんわりしたボールを蹴ったら結果的に入ってよかったです。
3点目はその2点目が布石になって、ふんわりしたボールを愛媛が警戒していました。
中で待っている味方の選手たちは「自分のところに来い」と思っていて、それを裏切る形でしたが積極的に狙って入りました。
今日の試合はスタメンで出たかったですが、ベンチスタートもしょうがないことですし、自分が出た時に点につながる仕事をしようと思っていました。冷静に試合を見れましたので、イメージはできていましたし、勝利できてよかったです。
これに満足せず、次があるので、次の試合で活躍できるようにがんばります。
 
 

■ 八反田康平 選手コメント

0-2とされましたが、攻撃の形はできていましたし、誰一人諦めていなかったし、1点取れれば勢いがつくと思っていました。
そして追いついてからも攻撃の手を休めることなく逆転して、理想通りのゲーム運びができました。特に前回の試合は2-0で勝っている状況で残り5分で逆転されましたし、もう一度チームとして3点目を取りに行く意思を確認しました。今日はリードされる状況から3-2としましたが、最後に取れる時は点を取りに行く。時間稼ぎという選択肢もありますが、最後までチームで攻めて、もう1点取れました。とはいえ0-2の状況になってしまっているので、まだまだですし、前半から今日の後半と同じくらい一体となってゲームを攻守で動かしたいです。
 
 

■ 韓勇太 選手コメント

今日はベンチスタートでしたが、出たらしっかり点を取るつもりでしたし、0-2だったので逆転するつもりで試合に入りました。
特別意識していることはありませが、今のベンチスタートという状況を打開するには、前節も1点では足りなかったです。
今日ももっと点を取りたかったですし、もっと自分の能力を高めてスタメンになるためにも意識高く練習しないといけないと思います。
途中出場といっても特別自分が意識していることはありませんが、自分が合わせるというよりチームが合わせてくれているので、あまり考えすぎずにプレーしようと思っています。やっぱりスタメンで試合に出たいですし、1点では足りないので、練習から点を取って次の試合でもゴールを取れるようにしていきたいです。
 
 

■ 牛之濵 拓 選手コメント

3試合連続でゴールを決めたことは、自分の自信になるので良いことだと思います。ただ前半からもっとボールに関わって、自分たちの攻撃を前半からピッチ上で発揮できるようにしたいです。リードされて後半を迎えたので、自分たちからアクションを起こしゲームをコントロールすることは監督から言われていることでした。
それを実践して、今日はゴールを決められたし、次の試合もこの姿勢を続けていきたいです。
連勝することが大事になるので、次また勝てるように練習から100%で取り組んでいきます。
 
 

■ ルカオ 選手コメント

今日がデビュー戦となりましたが、自分のプレーより勝ち点3を取れたことがうれしかったですし、多くの観客に応援していただけるのが幸せでした。
スタジアムまで駆けつけてくれる皆さんに勝ちをプレゼントできたことがうれしいですし、試合後はサポーターの前でニウドに引っ張られて踊ってしまったのですが、次の機会があればまた踊りたいです。
自分は前線でタメが作れて収められるのが特徴だと思いますし、ゴールも狙っていきたいです。とはいえ自分のプレーだけでなく、チームのプレーをすることが必要です。まずこの勝ちにおごることなく地に足をつけて来週に向けて準備をしていった上で、勝利を続けて鹿児島を少しでも上の順位にできるようにがんばります。
 
 
じゅんき ヨンテ タク2 ハチルタオ ニウド
ジュンス 喜び 喜び2 キン