Pocket
LINEで送る

鹿児島ユナイテッドFCのホームゲーム会場で販売するマッチデープログラム「UNITED TIMES」。
電子版の完全版は試合当日に公開、前回までのあらすじを試合前日に公開します。
今回は2019明治安田生命J2リーグ第28節 鹿児島ユナイテッドFC vs 愛媛FCのマッチデープログラムです。
また紙に印刷したものは場外総合案内所にて1部100円で販売しておりますので、試合観戦のお供や記念にお買い求め下さい!
banner624

前回までのあらすじ~連敗から浮上のきっかけをつかみつつある灼熱の8月リーグ戦~

5連敗、J3降格圏の21位。
2-5で敗れたアウェイ徳島戦から中3日で迎えた8月4日のジェフ千葉戦。
28分にCKからヘディングで先制点を奪われる。
連敗の重圧がかかる中で許した先制点。
それでも短い期間で戦うために必要なコンディションを整え、さらに選手間で細部まで要求しチーム力を高めて鹿児島はこの試合に臨んでいた。
金鍾成監督が「特に変える必要はなかった」と選手たちに委ねた後半。
ボランチからの縦パス、サイドからのドリブル突破でボールを前線に運び、ペナルティエリア内へ多くの選手が顔を出す攻撃を続ける。
58分、左サイドをドリブルで切り裂いた砂森和也の足元から少し離れたボールに、いち早く反応した牛之濵拓が豪快に蹴り込んで同点に追いつく。
さらに74分、今度は五領淳樹が左サイドから入れたクロスボールを、酒本憲幸が宙に舞うように飛び込みながら右足で合わせて逆転。
さらに攻め続ける姿勢を貫き、2-1で勝利した。
連敗は止めたが、選手が試合後に口をそろえたのは「次が大切」。
決勝点を決めた酒本も「選手同士が求め合い、どういうことをやりたいのかを明確に戦っていく」と次戦に視線を向けていた。
そこに、浮かれはない。
_MGM9569 _MGM9260

11日はアウェイで東京ヴェルディと対戦。
時おり大雨が降り注ぐ中、鹿児島は我慢強くヴェルディの攻撃を受け止めつつ、攻勢に出る。
57分に牛之濵が「狙っていた」という前線でのプレスから奪ったボールを、枝本雄一郎が持ち込み、キーパーの届かないコースへ蹴り込んで今季初ゴール。
さらに74分にペナルティエリア内で韓勇太が粘ってボールをキープし、フリーで受けた牛之濵が強烈な左足のシュートでキーパーを破り、2-0。
その後も落ち着いてボールを保ち、クロージングは万全と思われた。
しかし勝利目前と思われた85分、87分、91分と立て続けにゴールを許し、逆転される。
試合後に牛之濵が「一瞬のスキを見せた自分たちの脆さ」と悔いた3失点。
しかし、鹿児島の選手たちはするべきことをひたむきに遂行する。
93分、ボールを前へ運び、ヴェルディのゴール目の前に生じた混戦から、足を伸ばした韓が押し込んで同点。
さらにPKのチャンスを得るが、これは決められず。
選手も応援する方も、誰もがエネルギーを使い切った激闘は3-3の引き分けとなった。
第27節 枝本① 第27節 HP

そして今日は3連勝中の愛媛FCを鴨池に迎える。
前節が「勝点2損した」のか「勝点1得た」のかは、これから16試合で決まる。
鹿児島にとって上向いてきた今の流れを確かなものにするためにもつかもう!
今日の勝点3を!
8月の暑さに負けない鹿児島の情熱で。

今日の試合の見所~オープンな展開でいかに主導権をにぎるか~

鹿児島ユナイテッドFCはここまで7勝3分16敗で20位。
直近2試合を1勝1分で調子を上向かせている。
先制点を奪われながら後半の2得点で逆転した千葉戦、アディショナルタイムに逆転ゴールを奪われながらも追いつき、最終的に3-3で引き分けた東京ヴェルディ戦。
ともに押される時間はありつつも、多くの時間で前線の選手による守備が機能し、試合のペースを握ることができた。
サイドからの攻撃を担う左の牛之濵拓と砂森和也、右の五領淳樹と藤澤典隆のコンビがドリブル突破からのクロス、中央に入り込んでのパス交換などで多くのチャンスを演出している。
その上でワントップの酒本憲幸や韓勇太に加えて、2列目の牛之濵や枝本雄一郎にゴールが生まれており、対戦相手にすれば守備のしづらい部分はあるだろう。
_MGM9293 _MGM9554

対戦相手の愛媛FCは9勝5分13敗で14位。
直近3試合を3連勝と勢いをもって鹿児島に乗り込んできている。
チーム最多6得点の藤本佳希や4得点の丹羽詩温らFWだけでなく、2列目3列目の近藤貴司や下川陽太たちも積極的にペナルティエリア周辺まで入り込み、得点機会をうかがう。
勝負どころでは思い切ったシュートを打ってくる、攻撃的な姿勢を貫くチームだ。
ゲーム全体のペースを引き込む元日本代表MF山瀬功治のベテランらしい存在感や、新加入した茂木力也のスキルも警戒を要するだろう。
ハイテンポな打ち合いになる可能性が高い一戦。
鹿児島は勇猛果敢に攻撃的なプレーを続け、ボールをもったらシュートまで持ち込みたい。
シュートを打ってこそ生まれるゴール。
また守備陣の負担を減らし、失点のリスクを抑えるためにも、シュートで攻撃をひと段落させることで、愛媛に速攻を受ける場面も減らしたい。
そしてどんな戦況であっても、試合全体を通して、主審の笛が鳴る瞬間まで高い集中力を保ち戦い抜きたい。
HEK_4611 J2第17節_190609_0020

鹿児島と対戦相手の歴史的縁 錦江湾の片隅から~鹿児島×愛媛編~

みかんと言えば愛媛。
愛媛といえばみかん。
常識ですよね。
愛媛FCのチームカラーはオレンジ色だし、マスコットたちだってみかんですものね。
愛媛のアイデンティティ、みかん。
でも愛媛県で日本有数の生産量を誇る「温州みかん」って、実は鹿児島が発祥の地だってことは力説させて下さい。
鹿児島県の北西にある長島町で、もともとは中国から遣唐使が持ち帰ったみかんが長い年月を経て、江戸時代初期に偶発的に生まれたのが温州みかんとされているんです。
長島町にはみかんの歴史や文化を学べる日本マンダリンセンターまであるんですよ!
温州みかんは、我らが鹿児島出身なのです。
ちなみに愛媛のみかん愛を表現した名曲「みかんのうた」でおなじみのSEX MACHINEGUNSって、霧島市にある第一工業大学で結成されたバンドってご存知でしたか?
これから愛媛とみかんを語る時はぜひ、鹿児島のことを思い出してくださいね♪
(執筆:heko)
nagashima

選手も観客もみんなが意識したいこと
猛暑のゲームに欠かせない飲水のひと時

夏に行われる試合では試合中に、選手たちが一斉にタッチライン付近で飲水する光景を見たことがある人は多いでしょう。
これは熱中症予防に加えて、より良いコンディションでプレーできるようにするために取り入れている規則です。
日本サッカー界では1997年より、18歳以下のサッカー少年少女が暑い環境で試合をする際には、前後半の途中で1分間の「飲水タイム」を設定するようにしました。
もちろん飲水タイム以外にも、試合が途切れるたびに飲水することは認められています。
ただしあくまで飲水だけが認められ、監督たちが指示を出すことはできません。
今、プロで活躍しているような選手にとっても、少年時代からおなじみのルールです。
Jリーグでは気温や湿度などを含めた暑さ指数WBGTが28℃(気温では31℃相当)以上の場合は飲水タイムを取るようにリーグ全体でルールが定められています。
今日も夕方の試合とはいえ暑くなりそうなホームゲーム。
愛するクラブを応援する楽しさも万全の体調があってこそ。
のどが乾いたから水を飲むのでは遅く、のどが渇く前にこまめに水を飲むのが大切です。
しっかりと水分と栄養を補給して、90分を選手といっしょに戦いましょう。

HEK_3626 HEK_3957
育成組織のアカデミーでも、子どもたちに水分をしっかり摂らせることに加えて、水を直接かけて熱を冷ますことを意識しています

20190804_080210961_iOS
8月4日のジェフ千葉戦の場外では、マスコットゆないくーが塩分補給のタブレットを来場者に配布することを通して熱中症対策をPRしました

本日のゆないくー動静

  • 16:50~17:10 場外グリーティング
    熱中症対策を兼ねて塩分を補給するタブレットを若干数、お配りします。
  • 17:55~18:00 バズーカプレゼント
  • 18:40~18:50 始球式※予定は変更になる場合があります
    ※くーのお仕事スケジュールと体調管理の都合上、移動中の写真撮影などに対応できない場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

DSC_9981 20190804_080210961_iOS

ホームゲーム情報紹介

愛媛FC戦2
今日のホームゲームのイベント情報、場外ブース情報はこちらのページをご参照下さい(天候状況により中止・変更になるイベントがございます)

sponcer
鹿児島ユナイテッドFCを支えて下さるパートナー、スポンサー企業をご紹介します

日程、順位表、テキスト速報

calender02standing02match02
※Jリーグの公式サイトに移動します。

バックナンバー

UNITED TIMES 2019 vol.01(第1節徳島ヴォルティス戦)
UNITED TIMES 2019 vol.02(第3節ヴァンフォーレ甲府戦)
UNITED TIMES 2019 vol.03(第5節FC町田ゼルビア戦)
UNITED TIMES 2019 vol.04(第7節ツエーゲン金沢戦)
UNITED TIMES 2019 vol.05(第8節大宮アルディージャ戦)
UNITED TIMES 2019 vol.06(第10節FC琉球戦)
UNITED TIMES 2019 vol.07(第12節柏レイソル戦)
UNITED TIMES 2019 vol.08(第14節横浜FC戦)
UNITED TIMES 2019 vol.09(第15節アビスパ福岡戦)
UNITED TIMES 2019 vol.10(第17節東京ヴェルディ戦)
UNITED TIMES 2019 vol.11(第19節栃木SC戦)
UNITED TIMES 2019 vol.12(第20節アルビレックス新潟戦)
UNITED TIMES 2019 vol.14(第24節V・ファーレン長崎戦)
UNITED TIMES 2019 vol.15(第26節ジェフユナイテッド市原・千葉戦)