Pocket
LINEで送る

鹿児島ユナイテッドFCのホームゲーム会場で販売するマッチデープログラム「UNITED TIMES」。
電子版として公式ホームページでも公開いたします。
今回は2019明治安田生命J2リーグ第24節 鹿児島ユナイテッドFC vs  V・ファーレン長崎のマッチデープログラムです。
また紙に印刷したものは場外総合案内所にて1部100円で販売しておりますので、試合観戦のお供や記念にお買い求め下さい!
banner20190727640

前回までのあらすじ~雷雨による中止を経てバトルオブ九州で仕切り直す~

3週連続ホームゲームの最初となる7月20日のFC岐阜戦。
鹿児島ユナイテッドFCはリーグ戦3連敗中の苦しい状況を打破しようと士気上がる中でキックオフを迎えようとしていた。
しかし試合前から鴨池周辺には大雨が降り注ぎ、雷も予想される。
結果、岐阜戦の開催は中止となった。
金鍾成監督は「起こったことであり、プラスもマイナスもない」と泰然とする。
今季はディフェンダーとして新境地を開拓している赤尾公も「ポジティブに考え、また競争しながらチームを高める」とこれからの戦いに目線は向け、今週を過ごしてきた。
3連敗について赤尾は「ネガティブになりすぎることはない。とはいえ先制しながら逆転負けした2試合を考えると、自分自身を含めて我慢強くプレーしなければならない」と改善点を挙げる。
D_6E-SDU4AAu93w D_6E-SBVUAAihRs
今日はバトルオブ九州。
4月にアウェイにて対戦し、0-0で引き分けたV・ファーレン長崎を迎える。
「前とは全然違うチームであり、今の鹿児島と長崎がどう戦うか」と金監督は冷静に捉える。
J2リーグも後半戦に入った。
ここまで戦った22試合の勝敗は、もう変わらない。
自分たちにできることは、これまでの戦いを踏まえ、今日勝点3をつかむために選手や観客が気持ちをひとつにして力を尽くすことだけだ。
HEK_7113 HEK_7226

今日の試合の見所~ペースを握り、強力な長崎攻撃陣に仕事をさせない~

6月22日の栃木戦は2-0、29日の新潟戦は1-3、7月7日の岡山戦は1-2、13日の大宮アルディージャ戦は0-6と3連敗。
そして20日の岐阜戦は雷雨の影響による中止。
新潟戦と岡山戦は先制しながらの逆転負けであり、内容自体は向上しつつあるからこそ、勝利という結果で自信を深めたいところであった。
左右のサイドバックも含めて前線に上がってボールを保持して、ペナルティエリア周辺に多くの人数が侵入し、相手がボールの奪いどころを絞れないうちにシュートまで持っていく。
目指しているサッカーが具現化できつつある今はパスの出し方や受け方、周囲との連携、攻守の切り替えの早さなど、より細かく見えづらい質を向上させることが求められている。
DSC_0107 DSC_0069
先週FC東京から新加入した平川怜は年代別日本代表として数々の国際舞台でのプレー経験を持つ19歳のMFで、卓越したボールコントロールと、周囲の状況を見極めた適切なポジション取りが光る逸材。
鹿児島が取り組んでいるサッカーの方向性をさらにレベルアップさせることが期待される
対戦相手の長崎は10勝4分9敗の9位。
川崎から展開力に優れたMFカイオ・セザール、そして鳥栖から元コロンビア代表FWビクトル・イバルボを加えて、リーグ後半に挑んでいる。
特にイバルボはキープ力とドリブル突破を得意として、シュート感覚に秀でる。
鹿児島守備陣の水本勝成や赤尾公たちの眼前でイバルボにボールが入ると、元日本代表FW玉田圭司や今季11得点の呉屋大翔が周囲を動いて守備網をかき乱しにかかるため、鹿児島は後手に回る危険がある。
鹿児島としては、長崎中盤から前線へのパスをいかに遮断するか、そして試合全体のペースを握れるかがポイントになりそうだ。
九州勢同士による直接対決「バトルオブ九州」でもある今日の試合。
ビジター席を埋め尽くす長崎サポーターを圧する声援で鹿児島の選手たちを後押ししよう!
DSC_0299 DSC_0159

鹿児島と対戦相手の歴史的縁 仙巌園の片隅から~鹿児島×長崎編~

江戸時代、長崎がヨーロッパへの窓口だったことはよく知られた話。
この地を最大限に有効活用したのが薩摩藩です。
今から200年ほど前、25代島津重豪は、江戸に博物館を築きますが、そこにはオランウータンやイグアナ、七面鳥などの剥製がありました。
いずれも長崎交易で手に入れたものです。
この重豪は70歳過ぎてオランダ語を勉強し始め、80歳過ぎてオランダからやってきたシーボルトとオランダ語での会見にのぞみます。
こんなことができたのは、長崎交易のおかげです。
幕末には小松帯刀をはじめとする薩摩藩士がグラバーたちとの交易の中で長崎に頻繁に出入りしています。
そこで手に入れた強く豊かな国にするための方法をもって明治維新をリードしたのです。
長崎から文化や知識が鹿児島を豊かにした。
長崎のおかげで明治維新の薩摩の活躍があったといっても過言ではないとか、あるとか。
まぁ、そんな過去の義理とか恩義は忘れて勝たせていただきますけど。
(執筆:たくお)
nagasaki

鹿児島ユナイテッドFCのゆないくーがお友だちをご紹介します~あまりにもかわいい長崎のヴィヴィくん~

こんにちは! ゆないくーです!
今日はV・ファーレン長崎のヴィヴィくんが遊びに来てくれます。
ヴィヴィくんは長崎県の県獣・九州シカと県鳥・オシドリがユナイテッドしているんだって。
鹿とか鳥とかあんまり意識しなかったなー。
ヴィヴィくんはヴィヴィくんだもん。
ヴィヴィくんはJリーグのなかでもすごく人気があるんだよ!
ホームでもアウェイでも姿を表した途端、ファンの人たちが集まってきます。
いつも穏やかな表情をしていて、ファンにはやさしいし、それなのに肝は座っているし、いつでもなんでも楽しんでいるし、相手を思いやる気持ちにあふれているし、いっしょにいるぼくも楽しいし、ぼくもヴィヴィくんが大好きです!
DSC_0109 DSC_0049
ヴィヴィくんは仕事熱心だから平日も長崎のあちこちのイベント会場に現れて色んなことに挑戦しています。
ブログの「ヴィヴィくん日記」を見るとその日の様子とかが丁寧に事細かく書いてあるんだよ。
4月に長崎で対戦した時は、長崎の感想について取材されちゃいました!
うれしかったです!
ヴィヴィくん、ありがとう!
それからヴィヴィくんはブログだけじゃなくてYouTubeで選手たちといっしょにおもしろい動画を投稿したりしているんだよ!
最近はぼくも動画を撮ってもらったりしているけど、あれは勝手にアテンドのコバヤシさんが撮っているだけだからなー。
カメラの前できちんとイベント進行するとかぼくにはまだ難しいや!
がんばります!
ヴィヴィくんもすばらしいけど、長崎の人たちみんなでヴィヴィくんを応援して、いっしょに楽しもうとしている雰囲気が伝わるんだ。
もちろん、ぼくも鹿児島のみんなの桜島みたいな情熱をいつも感じています!
みんな熱いよね!
ヴィヴィくん、今日はお互いとっても大切な一戦です!
試合前はいっしょにいっぱい楽しんで、キックオフしたら悔いの残らないように選手たちを応援しようね!
DSC_0518

本日のゆないくー動静

  • 15:50~16:10 場外グリーティング
  • 16:40~17:00 場外グリーティング
  • 17:55~18:10 バズーカプレゼントwithヴィヴィくん
  • 18:40~18:50 始球式※予定は変更になる場合があります
    ※くーのお仕事スケジュールの都合上、移動中の写真撮影などに対応できない場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
    ※この試合につきましては飲食物の差し入れはご辞退させていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

DSC_0117

ホームゲーム情報紹介

729_23
今日のホームゲームのイベント情報、場外ブース情報はこちらのページをご参照下さい(天候状況により中止・変更になるイベントがございます)

sponcer
鹿児島ユナイテッドFCを支えて下さるパートナー、スポンサー企業をご紹介します

日程、順位表、テキスト速報

calender02standing02match02
※Jリーグの公式サイトに移動します。

バックナンバー

UNITED TIMES 2019 vol.01(第1節徳島ヴォルティス戦)
UNITED TIMES 2019 vol.02(第3節ヴァンフォーレ甲府戦)
UNITED TIMES 2019 vol.03(第5節FC町田ゼルビア戦)
UNITED TIMES 2019 vol.04(第7節ツエーゲン金沢戦)
UNITED TIMES 2019 vol.05(第8節大宮アルディージャ戦)
UNITED TIMES 2019 vol.06(第10節FC琉球戦)
UNITED TIMES 2019 vol.07(第12節柏レイソル戦)
UNITED TIMES 2019 vol.08(第14節横浜FC戦)
UNITED TIMES 2019 vol.09(第15節アビスパ福岡戦)
UNITED TIMES 2019 vol.10(第17節東京ヴェルディ戦)
UNITED TIMES 2019 vol.11(第19節栃木SC戦)
UNITED TIMES 2019 vol.12(第20節アルビレックス新潟戦)

次回予告

d120dde7bcff90a900f901a5ae9aef67
8月4日(日)19:00キックオフ! 2019明治安田生命J2リーグ第26節 vs ジェフユナイテッド市原・千葉