Pocket
LINEで送る

鹿児島ユナイテッドFCのホームゲーム会場で販売するマッチデープログラム「UNITED TIMES」。
電子版として公式ホームページでも公開いたします。
今回は2019明治安田生命J2リーグ第19節 鹿児島ユナイテッドFC vs 栃木SCのマッチデープログラムです。
また紙に印刷したものは場外総合案内所にて1部100円で販売しておりますので、試合観戦のお供や記念にお買い求め下さい!
banner0622

前回までのあらすじ~2試合1勝1敗も得点までのプロセスが磨かれてきた~

6月9日に東京ヴェルディを迎えたホーム戦。
3連敗中の鹿児島だったが8分に高い位置で奪ったボールを中原秀人、酒本憲幸とつなぎ砂森和也のシュートをGKが防いだが、そこへ詰めていた韓勇太が押し込んで先制。
40分には左サイドでボールをもった牛之濵拓が相手守備を冷静に見極めてのシュートで追加点。
直後の42分にも左サイドから砂森が入れたボールをピンポイントで韓が合わせて3-0。
52分に1点を返されるが、最後まで粘り強く戦い勝点3を得た。

6月15日はアウェイでジェフ千葉と対戦する。
開始直後からお互いにゴール前でシュートシーンを作るハイテンポなゲーム展開。
やや千葉優性の中でも鹿児島は無失点で前半を終えるが、後半開始直後に2点の先行を許す。
そこから鹿児島は田上裕とニウドを投入し、2人の機動力で逆襲に転じる。
64分、砂森のクロスを牛之濵がボレーで合わせて1点を返す。
さらに韓や枝本雄一郎が決定機を迎えるがわずかに決まらず。
1-2で敗戦した。
今日に向けて赤尾公は「相手というより自分たちにフォーカスを向けて、やるべきことをしっかりやれば、必ず結果はついてくる。ここからまた波に乗る」と誓った。
これから夏本番。
ユナイテッドが鹿児島をもっと熱くする。

今日の試合の見所~2列目3列目の存在感と攻守の切り替えで圧する~

鹿児島ユナイテッドFCはここまで5勝2分11敗の18位。
前節の千葉戦は1-2で敗れたが、前々節の東京ヴェルディには3-1で快勝しており、全体としては上向きつつある。
左サイドでは牛之濵拓と砂森和也のコンビネーションが冴え、酒本憲幸が変化をつけ、右サイドからも五領淳樹と藤澤典隆の上がりでチャンスを作る。
この2試合ワントップに入っている韓勇太は強いフィジカルを生かしてボールを受けることで最前線の起点になりつつ、高い決定力で2ゴールを記録している。
一方、人数をかけて相手陣内深くまで攻めるスタイルを取るために、ボールを失った時に後方の人数が足りずにピンチを生みやすいのが守備面での課題と言える。
そこで後方に構えるセンターバックの水本勝成や赤尾公、GKアン ジュンスたちだけでなく、選手全員が攻めから守りの切り替えを早く、一体となってプレスをかけてボールを奪い返し、さらに素早く逆襲に転じることもできるように90分集中したい。
_MGM1388 _MGM0831
対戦相手の栃木SCは3勝8分7敗の20位。
チーム全体としてよく走り、球際のところで厳しく戦い、追い込まれても韓国代表歴のあるGKユ ヒョンを中心に耐えきる守備力を持ち味とする。
さらに奪ったボールは技術のある西谷和希、優希の兄弟や経験豊富なボランチ枝村匠馬らが展開し、スピードのある大島康樹や浜下瑛がゴールを急襲する。
鹿児島としてはボールを持っていても気の抜けない試合となることだろう。
栃木の堅守を崩すために、まず両サイドバックが積極的に上がることで、ペナルティエリア周辺の守備網を分散したい。
そうして生じた間隙を2列目の酒本や五領、牛之濵たちが突いてゴール前に入り込む。
さらに3列目の八反田康平や中原秀人、ニウドたちが後方でボールを動かしつつ、一気に最前線まで飛び出すようなシーンが増えると鹿児島がゴールを奪える可能性は高い。
J3では4戦4敗だった難敵、栃木。
今までの悔しさを、今日晴らそう!
_MGM1205 _MGM1414

鹿児島と対戦相手の歴史的縁 仙巌園の片隅から~鹿児島×栃木編~

明治時代以降、薩摩藩士が栃木県をリードしていたこと、ご存知ですか?
県庁所在地を宇都宮市に定めた三島通庸(自由民権運動で暗殺未遂事件が起こった人物…)をはじめ、樺山資雄(大久保利通の親戚)、折田平内、佐藤暢、菅井誠美(西南戦争の原因に関わった人物)、原田維織、池田清志。
なんと7人も!!
栃木の発展の影には薩摩藩士の存在があったんですねぇ。
鹿児島でギョーザ食べていいから、鹿児島との歴史をしっかり学んで、鹿児島に勝利を与えてくださいませ。
(執筆:たくお)
utsunomiya

鹿児島ユナイテッドFCのホームタウン活動をご紹介します
~野嶽惇也選手が“先生”として夢について語りましたの巻~

6月18日に野嶽惇也選手が武岡小学校を訪問しました。
今回は「夢をかなえるために」と題したキャリア教育の一環としてのものとなります。
簡単な自己紹介の後に野嶽惇也選手は実際のリーグ戦で使用していたボールを児童に渡し、ボール回しゲームを通してそのてざわりや軽さを体感してもらいました。
さらに勉強のために訪れていた野嶽寛也選手といっしょにリフティングを披露。
高々と宙まで蹴り上げても地面に落とさないプロならではの正確なボールコントロールに場内は大盛り上がりし、野嶽惇也選手の誘いでリフティングでのパス回しに参加した子どもたちはとてもうれしそうでした。
HEK_0497
講話の時間では「夢・目標を忘れないこと」「決してあきらめないこと」「感謝の心」という3つのキーワードを通して、子どもたちに大切にして欲しいことを伝えました。
また3月に怪我をして難しい状況の時でも、改めて自分を見つめ直し、そこからも学んで「オレならできる」というこれまでも自分を支えてきた強い信念でより良い選手として活躍することを子どもたちにも誓い、子どもたちにもエールを送りました。
子どもたちはずっと真剣なまなざしで野嶽惇也“先生”のお話に聞き入っていました。
最後は子どもたちが作ってくれた花道を通ってハイタッチしながら退出。
子どもたちはもちろん野嶽惇也選手にとっても貴重な経験の場とできました。
今後も鹿児島ユナイテッドFCは地域の人たちとふれあう活動を行ってまいります。
HEK_0531 HEK_0546

おまけ
こんにちは! ゆないくーです。
6月15日に天文館アーケードで「いづろ通りでハッピーデー」というイベントがあったので参加してきました。
イベント会場にはサポーターの人も来てくれたし、お買い物中に通りがかった人たちも遊びに来てくれて、とってもうれしかったです。
じゃんけん大会もさせてもらったら、みんな強くてびっくりしました!
とっても楽しかったので、また参加したいです!
20190615_072114137_iOS 20190615_072600753_iOS

本日のゆないくー動静

  • 16:45~17:10 場外グリーティング(フォトブース)
  • 17:55~ くーからのおくりもの(バズーカプレゼント)
  • 18:40~ 始球式
  • ハーフタイム 場外グリーティング
    ※予定は変更になる場合があります
    ※くーのお仕事スケジュールの都合上、移動中の写真撮影などに対応できない場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

DSC_0295 DSC_0088

ホームゲーム情報紹介

6.22gameevent
今日のホームゲームのイベント情報、場外ブース情報はこちらのページをご参照下さい。

sponcer
鹿児島ユナイテッドFCを支えて下さるパートナー、スポンサー企業をご紹介します

日程、順位表、テキスト速報

calender02standing02match02
※Jリーグの公式サイトに移動します。

バックナンバー

UNITED TIMES 2019 vol.01(第1節徳島ヴォルティス戦)
UNITED TIMES 2019 vol.02(第3節ヴァンフォーレ甲府戦)
UNITED TIMES 2019 vol.03(第5節FC町田ゼルビア戦)
UNITED TIMES 2019 vol.04(第7節ツエーゲン金沢戦)
UNITED TIMES 2019 vol.05(第8節大宮アルディージャ戦)
UNITED TIMES 2019 vol.06(第10節FC琉球戦)
UNITED TIMES 2019 vol.07(第12節柏レイソル戦)
UNITED TIMES 2019 vol.08(第14節横浜FC戦)
UNITED TIMES 2019 vol.09(第15節アビスパ福岡戦)
UNITED TIMES 2019 vol.10(第17節東京ヴェルディ戦)

次回予告

6.29gameevent
6月29日(土)19:00キックオフ! 2019明治安田生命J2リーグ第20節 vs アルビレックス新潟