Pocket
LINEで送る

鹿児島ユナイテッドFCのホームゲーム会場で販売するマッチデープログラム「UNITED TIMES」。
電子版として公式ホームページでも公開いたします。
今回は2019明治安田生命J2リーグ第10節 鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球のマッチデープログラムです。
また紙に印刷したものは場外総合案内所にて1部100円で販売しておりますので、試合観戦のお供や記念にお買い求め下さい!
survivewebA

前回までのあらすじ~勝利のために強い気持ちで走り続ける~

4月7日にJ1経験の豊富な大宮をホーム鴨池に迎えた鹿児島ユナイテッドFC。
前半サイドを起点にスピーディーな攻撃をしかけ、牛之濵拓やFWに起用された米澤令衣たちがシュートチャンスを迎えるが、わずかのところで決まらない。
そして後半開始早々にFKをヘディングで合わせられて先制点を許す。
そこからもボールを動かしながら大宮陣内へ攻め入るが、大宮の堅守に遮られる。
そして94分にも大宮の素早い攻撃から追加点を奪われて敗戦。

4月14日はアウェイで山口との「平成最後の薩長ダービー」に臨む。
新加入ニウドを中盤に加え、前線からボールを奪いに圧力をかけて主導権を握る。
奪ったボールは山口守備陣の背後に送り込み、米澤の脚力で決定的な場面を作り出すが、山口GKのセーブで最後の最後が決まらない。
後半になると鹿児島の重圧が弱まり、山口がペースをつかむ。
鹿児島は堤俊輔や水本勝成を中心に冷静に、身体を張った守備でゴールを守る。
さらに牛之濵や五領淳樹がドリブル突破からゴールを狙う。
熱戦は終了間際に、山口の速攻から失点を喫し、連敗となった。
苦闘が続く鹿児島。
それでもスタジアムに集まった観客と勝利の喜びをともにするために、選手たちは目の前のプレーに力を尽くし続ける。

今日の試合の見所~苦しいからこそ前向きにシュートを打つ姿勢~

1勝1分7敗と、苦しい状況にある鹿児島ユナイテッドFC。
GKアン ジュンスや堤俊輔たち最終ラインが落ち着いて攻撃を跳ね返し、奪ったボールはサイドから牛之濵拓や五領淳樹たちが丁寧に崩す。
そして出場機会が増えてきた俊足FW米澤令衣が相手の背後に走り、そこへロングボールを入れて一気にシュートまで持ち込もうとするパターンも加えて、形は作れている。
7試合ゴールなしという状況を打破するためには、まず今の取り組みを継続すること。
それに加えて、今日対戦するFC琉球で昨シーズン圧倒的な得点力を発揮した枝本雄一郎や前節デビューしたニウドたちが、ペナルティエリア周辺までボールを持ち込んでからの崩しの局面でもうひと変化を加えると、可能性はさらに高まることだろう。
また最前線でボールをキープして2列目3列目が飛び出すチャンスを作れるFW韓勇太の心身の強さも期待できる。
DSC_1058 _MGL2778

対戦相手の琉球は4勝4分1敗で6位。昨季J3リーグを制し、鹿児島とともにJ2昇格1年目であるが、持ち前の攻撃力を活かしたサッカーを展開。
強敵がそろうJ2でも堂々たる戦いを披露している。
FW鈴木孝司や上門知樹だけでなく、2列目の富所悠や田中恵太たちも絡んだ厚みある攻撃に警戒しなければならない。
昨季まで金鍾成監督が築き上げた実力は今季も健在だ。
しかし、今の鹿児島にとっては対戦相手もさることながら、自分がするべきプレーをどれだけ続けられるかがカギとなるだろう。
どうしても、なんとしてでも結果が欲しいが、それゆえだからこそ好機には冷静沈着にシュートを打つことができるか。
そして体力的に精神的に苦しい時にも勝利を信じて足を止めずに走り続けられるか。自分たち1人1人がするべきことを遂行すること。
勝点と勝利とは、その一瞬一瞬にベストを積み重ねる先にあるはずだ。
_MGL1742 _MGL2716

鹿児島と対戦相手の歴史的縁 仙巌園の片隅から~鹿児島×琉球編~

鹿児島は琉球にお世話になりっぱなしなんです、昔から。
琉球なくして鹿児島なし、これほんとそう。
でも、鹿児島なくして琉球の食文化がなかったとも言えます。
その代表が昆布。
全国1、2を争う昆布の消費は、かつて薩摩藩が琉球経由で海外に売っていた名残だそう。
沖縄料理で昆布炒めがあるのもその影響。
昆布あげたら、かわりに勝利ちょうだい!!
(執筆:たくお)

konbu

ゆないくーがオススメする応援グッズ
\普段から使えるトートバッグ 5,900円/

こんにちは! ゆないくーです。
今日みんなに見てもらいたいのは、トートバッグです。
スタジアムに遊びに行く時って荷物がとってもかさばるよね!
タオルマフラーとか着替えとか、飲み物とかおにぎりとか。
色々なものを入れるバッグにもユナイテッドを感じられるのが、このトートバッグなんだよ。
大きいからたくさんはいるし、生地はしっかりしているから長持ちです!
黒色を基調にしているしエンブレムも控えめに主張しているのがオシャレだと思わない?
通学とか通勤にもしっかりと使えると思います!
20190407_050735344_iOS

ゆないくーが、がんばってサッカー用語の解説します
~試合時間って何?~の巻

サッカーの試合って前後半45分ずつ、合わせて90分です。
日本はまだ江戸時代で西郷どんが西に東に走り回っていたころのイングランドでそう決まったんだよ。
でもその頃はハーフタイムがなくて、選手は前半と後半の合間にエンドを交代するだけだったんだって!
選手の人たちはみんなよく休みなしでプレーできたね!
それからハーフタイムってルールができてからも最初は「何分休むかは主審が決める」って決まってたんだって。
暑い日に「ハーフタイムは5分!」とか言われたら辛いよね~。
今ではハーフタイムは「前半が終了して15分後に後半開始」ってなっています。
でもそうじゃない場合もあるんだよ。
それは「前半が始まって60分後に後半開始」って場合です。
前半のアディショナルタイムが3分15秒だったら、ハーフタイムは11分45秒で終わるんだ。
鹿児島ユナイテッドFCが4年前まで所属していたJFLでは2015シーズンの途中まで、後者の「前半開始から60分後に後半開始」だったんだよ。
Jリーグは基本的にハーフタイムは15分確保としているけど、テレビ中継とかの関係で変更になる場合もあるんです。
前半が終わってから電光掲示板に後半は何時何分に開始されるかは大きく表示されるから、チェックしてからお買い物やトイレに行って来てね!
今日の試合も、前半も後半も最初から全力で選手たちを応援して下さい!

ホームゲーム情報紹介

20190421edamoto今日のホームゲームのイベント情報、場外ブース情報はこちらのページをご参照下さい。

sponcer
鹿児島ユナイテッドFCを支えて下さるパートナー、スポンサー企業をご紹介します

日程、順位表、テキスト速報

calender02standing02match02
※Jリーグの公式サイトに移動します。

バックナンバー

UNITED TIMES 2019 vol.01(第1節徳島ヴォルティス戦)
UNITED TIMES 2019 vol.02(第3節ヴァンフォーレ甲府戦)
UNITED TIMES 2019 vol.03(第5節FC町田ゼルビア戦)
UNITED TIMES 2019 vol.04(第7節ツエーゲン金沢戦)
UNITED TIMES 2019 vol.05(第8節大宮アルディージャ戦)

次回予告

55月4日(土・祝)13:00キックオフ! 2019明治安田生命J2リーグ第12節 vs 柏レイソル