Pocket
LINEで送る

喜界島でサッカー教室を行いました

12月22日(土)に、JACプレゼンツ鹿児島ユナイテッドFCサッカースクールin喜界島が行われました。
今回は森永直彬スクールマスターをはじめ、山本啓人、山田裕也、モクソンジョンを含めた4人のスクールスタッフが参加しました。
喜界島では地元のサッカー少年少女を対象にしたサッカー教室を実施。
また喜界島の名産であるさとうきび畑などにも足を運び、島のことを知る良い機会にもなりました。
今回のスクール開催にあたって多大なるご支援を下さった日本エアコミューターの皆さま、地元サッカー関係者の皆さま、ありがとうございました。
喜界島2018_181226_0009 喜界島2018_181226_0010 喜界島2018_181226_0008 喜界島2018_181226_0016 喜界島2018_181226_0006 喜界島2018_181226_0001

鹿児島大学病院小児科を慰問しました

12月24日(月・祝)に鹿児島大学病院小児科の患児たちを德重剛クラブ代表と、赤尾公選手、野嶽惇也選手、 吉井孝輔選手、冨成慎司選手、田上裕選手が慰問しました。
選手たちはみんなで病室を訪ねて、クリスマスプレゼントとして公式戦で着用したユニフォームに「みんなが元気になるようにパワーを込めるからね」とサインを入れてお渡して、写真撮影をしました。
子どもたちも保護者の皆さまととてもよろこんで下さいました。
関係者の皆さま、ありがとうございました。
HER_0199 HER_0209

セルプいしきを慰問しました

12月25日(火)に知的障がい者支援施設の「セルプいしき」を德重剛クラブ代表が慰問しました。
施設を利用している皆さまに、選手が公式戦で着用したアップウェアをプレゼント。
皆さん、とてもよろこんで下さり、さっそく着用していました。
今回の訪問を受け入れて下さった関係者の皆さま、ありがとうございました。