Pocket
LINEで送る

日時:
2018年7月22日(日)19:03  KICK OFF
会場:
白波スタジアム(鹿児島県立鴨池陸上競技場)
対戦相手:
ザスパクサツ群馬
試合終了
0 0 - 1
0 - 1
2

監督

三浦 泰年

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
平出 涼 DF
田中 秀人 DF ▼46分
藤澤 典隆 DF 15
田中 奏一 DF 26
赤尾 公 MF
永畑 祐樹 MF 8 81分
中原 秀人 MF 38 ▼72分
川森 有真 FW 16 ▼66分
野嶽 惇也 FW 18
萱沼 優聖 FW 30

リザーブメンバー

山岡哲也 GK
谷口 功 DF
水本 勝成 DF 23 △46分
西岡 謙太 ⅯF 14 △66分
松下 年宏 MF 24
アレックス FW
キリノ FW 19 △72分

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグの公式サイトをご覧下さい。

◆赤尾公 選手コメント
勝てなかったので非常に悔しいですし、すごく責任を感じています。
なかなか調子が上がらない中、今日出場機会をあたえてくれた監督のためにもまた支えてくれたチームメイトのためにも気持ちを見せて戦おうという意気込みで挑んで、結果負けてしまったのでまだまだ足りないことが多いと思います。
チームは非常にいい状況できていたので流れだけは崩さないようにといったつもりでしたが、もっともっと練習していかなといけないと感じています。
目の前の試合をひとつひとつ全力で取り組むことが先に繋がることだと思うので、今日負けましたが、中断期間に入ることをポジティブにとらえて、次の北九戦からまたワンランクレベルアップした自分たちを見せられるように、みんなで必死にもっと団結して取り組んでいきたいと思います。

◆藤澤典隆 選手コメント
厳しい試合になることは分かっていましたが、シュート1本という数字が最近の試合を物語っていると思います。
今日は自分も仕かける場面が多くありませんでしたが、相手が5バックになった時に、そもそも行きたいスペースに相手がいる、またボール回しに長短が少ないので、なかなか難しいと感じました。
今日負けたことは残念ですが、ここで自分たちが負けたことを自覚した上で、修正しなければならないと思います。
このリーグで自分たちの実力は飛び抜けているわけでなく、1試合1試合必死に戦ってモノにしていくというチームです。
ここから上を目指してひたむきに戦っていくだけという流れになったので、下を向かずにトレーニングをしていきたいです。

◆水本勝成 選手コメント
今日前半はベンチスタートでしたが、相手が縦に速いサッカーをしてくる中で、前の方でボールを取られてショートカウンターをしてきているように見えました。
サイドで藤澤選手と田中奏一選手が前を向けると良い攻撃ができますが、それ以外の攻撃もできないとステップアップにつながらないと思いました。
今まで負けていなくて久しぶりに負けましたが、今日のことはもう切り替えて、チームの方向性や1人1人の意識が次の試合までにしっかりと前を向いて、次の試合に向けてやっていけたらと思います。

◆萱沼優聖 選手コメント
まだ試合が終わったばかりで自分の中で整理はついていませんが、しっかり自分自身を振り返って次に準備をしていきたいと思います。
ここ数試合勝ち切れていなかったので、FW陣みんなゴールをとりたいと思っていたんですが、得点がついてきていないというのが、試合に出ていると思いますし練習ひとつひとつ集中してもっと得点に拘っていきたいと思っています。
今まで結果からすると勝ち点積み重ねていられていなかったので、今日はしっかり勝ち切りたかったですけど、残念です。
スタジアムの準備を前日からチームスタッフ、関係者、ボランティアの方が作ってくださって、また今日のスタジアムの雰囲気を応援して下さっている皆さまが作ってくれている中勝てなかったことが非常に悔しいです。
この悔しさをチームでしっかり戦術を磨き今後は勝ち続けることにしっかりこだわっていきたいです。

J3第19節_180722_0019 J3第19節_180722_0015 J3第19節_180722_0011 J3第19節_180722_0008 J3第19節_180722_0003 J3第19節_180722_0002