Pocket
LINEで送る

日時:
2018年6月16日(土)19:03  KICK OFF
会場:
白波スタジアム(県立鴨池陸上競技場)
対戦相手:
セレッソ大阪U-23
試合終了
2 1 - 1
1 - 0
1

監督

三浦 泰年

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
平出 涼 DF
田中 秀人 DF
藤澤 典隆 DF 15
田中 奏一 DF 26 ico_goal65分
永畑 祐樹 MF
五領 淳樹 MF 11 ▼28分
吉井 孝輔 MF 22 ico_goal10分
中原 秀人 MF 38
川森 有真 FW 16 ▼69分
野嶽 惇也 FW 18 ▼88分

リザーブメンバー

山岡 哲也 GK
谷口 功 DF △88分
水本 勝成 DF 23
西岡 謙太 MF 14
中原 優生 MF 17
キリノ FW 19 △69分
萱沼 優聖 FW 30 △28分 76分

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグの公式サイトをご覧下さい。

◆吉井孝輔 選手コメント
セレッソ大阪U-23というチームは技術が高くて、前への推進力という部分では今まで対戦した相手の中では一番いいチームだったと思いますが、勝ててよかったです。
1失点目は自分たちのセットプレーからのカウンターで失点してしまいました。
今日だけでなくこれまでもこの形でピンチを作ることが多いので、そこは修正していかなければならないし、個人としてもチームとしても、もっと締めていく必要があると思います。
同点ゴールのシーンに関してはまず中原秀人選手から良い落としのボールがきました。
今までの練習とかであれば思い切り振ってしまう感じだったのですが、そこを冷静に落ち着いてインフロントで流し込めました。
打った瞬間、そのボールの軌道が見えて「入った」と思いました。
今日は今シーズンはじめてのナイターゲームとなりました。
僕自身も今まで経験してきた中で、ナイターの雰囲気こそがJリーグだなと感じますし、サポーターもより楽しめたと思いますので、初ナイターでこういうゲームができたことは良かったです。
三浦監督もいつも言っていますが、過去のポイントは変わらないし、1日1日こつこつとやっていくことが、この首位という順位を守っていけると思っているので、先を見すぎず、1日1日を大切に、1試合1試合を戦っていきたいです。
そのためにもまずは練習から、今日の修正しなければいけないことは修正して、より高みを目指して、個人個人がいいプレーができるようにやっていければと思います。

◆田中奏一 選手コメント
本当にセレッソ大阪U-23というチームは今シーズンこれまで対戦した中で一番強いという感覚で、すごく厳しいゲームでしたが、勝ちきれて良かったです。
特に彼らは前への推進力、前へ前へというパワーがすぐれていると感じましたし、いいチームだと思います。
僕自身は今日あまりいいパフォーマンスができていなかったので、ゴール前で体を張ることなどを意識していたのですが、最後にシュートを決められたのは良かったと思います。
火山灰については、最初にアップするときにすごい灰だと感じましたが、試合が始まってしまえば、何も感じなかったし、こういう火山灰が降っている中でもすごく多くの方に集まっていただいたので力になったと感じています。
これからもリーグ戦は長いので1戦1戦大切に戦って、最後笑えるようにしたいです。

◆萱沼優聖 選手コメント
立ち上がりに先制点を取られて厳しい状態であった中で、チーム一丸となって勝てたことは良かったけれど、相手のすばらしい選手やすばらしい戦術に対して学ぶことがあった試合でした。
自分たちとしてはリーグ戦で9試合負けなしということはあまり意識していないですが、1試合1試合勝ちにこだわる執着心が結果につながっていると思います。
次はアウェイ戦で秋田に乗り込むのですが、J2昇格のために1試合1試合、チーム一丸となって勝点3を積み上げられるようにしたいです。
また前線の選手には、それぞれに特徴があるので、お互いを活かしつつ、自分の持ち味であるゴール前での貪欲さは出せるようにしていきたいです。

0001 J3第14節_180616_0001 J3第14節_180616_0002 J3第14節_180616_0003 J3第14節_180616_0004 J3第14節_180616_0006