Pocket
LINEで送る

日時:
2018年4月14日(土)13:03   KICK OFF
会場:
白波スタジアム
対戦相手:
FC琉球
試合終了
2 0 - 0
2 - 1
1

監督

三浦 泰年

スターティングメンバー

選手名 Po. No. 得点 交代 警告・退場
アン ジュンス GK 13
平出 涼 DF
田中 秀人 DF ico_goal58分
藤澤 典隆 DF 23
田中 奏一 DF 26
永畑 祐樹 MF 84分
五領 淳樹 MF
吉井 孝輔 MF 11
中原 秀人 MF 22 ▼75分
川森 有真 FW ▼80分
野嶽 惇也 FW 19 ico_goal65分 ▼88分

リザーブメンバー

山岡 哲也 GK
谷口 功 DF △80分
西岡 謙太 MF 14 △75分
松下 年宏 MF 24
田上 裕 MF 33
キリノ FW 19 △88分
萱沼 優聖 FW 30

公式記録ならびに監督コメントは、Jリーグオフィシャルウェブサイトをご確認ください。

◆田中秀人 選手コメント
2-0になってそのまま終わらせるべきでしたが、簡単にシュートを許したので課題が残りました。
それでもホームで勝つこと、連勝することは大切なことですので、とにかく勝てて良かったです
1点目のシーンですが、自分は抜け目なく準備していこうという気持ちでいるので、藤澤選手からいいボールが来ました。自分がいる場所がゴール目の前だったので空振りだけはしないように意識して「自分の体のどこかに当たれ」という感じでした。
練習でも選手同士、セットプレーで工夫していこうと取り組んでいましたし、そのことがゴールがつながったと思います。
やはり日々の練習から成果につながると信じて取り組んでいきたいです。
点を取ることはとても大切なことですし、今日の試合も先に2点とっていたから、1失点しても勝てたけれど、失点しなければ負けることはありません。
特に自分はディフェンスの選手なので、無失点にこだわっていきたいです。
みんな試合の中ですごく戦っています。差が出るのはゴール前での質や身体を張ることだと思うので、ここを高めていきたいです。

◆藤澤典隆 選手コメント
今日の試合は古巣が相手だったので、どうしても個人的にも勝ちたかったですし、チームとしても連勝がかかった試合なので、素直にホッとしています。
チーム全体として、試合を重ねるごとに良くなっているなというのはすごく感じます。
今年のJ3リーグは本当にどのチームも差がないリーグだと思っているので、気持ちの部分からしっかり入ることが大切です。
「良いサッカーをして勝ちたい」というのが本音ですが、何がなんででも勝つという気持ちで勝点3を取っていきたいです。
今日は苦しい試合でしたけれど連勝できましたし、次の試合は1週空きますが、3連勝して勢いに乗っていきたいです。

◆野嶽惇也 選手コメント
苦しい時間が多かったですが、味方がしっかり耐えてくれたので、なんとか点を取って助けたいと思っていました。追加点が取れてよかったです。
得点シーンは、外を回っていた選手が見えたので、わざと一回スピードを落としてから自分の得意な右足にうまくもっていけたかなと思っています。
ゴールに積極的に攻めるというのは自分の中でもってやっているので、それが結果につながっているので、続けていきたいと思います。
次節まで1週空きますが、そこでしっかり準備をして盛岡戦でももっとチームとして精度を高めて勝利を掴み取れるようにチーム全体でやっていきたいと思います。

J3第7節_180414_01 J3第7節_180414_02 J3第7節_180414_03 J3第7節_180414_04 J3第7節_180414_05 J3第7節_180414_06 J3第7節_180414_07 J3第7節_180414_08