Pocket
LINEで送る

あけましておめでとうございます。

鹿児島にとってJリーグ元年となった2016年は、トップチームが初参戦となった明治安田生命J3リーグで16チーム中5位でしたが、最後まで優勝争いを演じることができました。さらに、県立鴨池陸上競技場には延べ54,979人の方に足を運んでいただき、鹿児島にプロスポーツという新しい週末の楽しみ方を作り出すことができました。

育成組織であるアカデミーにおいては、セカンドチームは旧年をもって活動終了とはなりましたが、U-18が3年目を迎えることで、U-15鹿児島と日置を含め、各カテゴリーで3学年そろい、若い選手たちを一貫して育てていく体制が整いました。

これらクラブの活動は、選手・スタッフ、職員のみならず、いつも熱い声援を送って下さるファン・サポーターの皆さまや多大なるご支援を賜りましたパートナーの方々、多くのサッカー関係者、地元自治体の皆様の支えがあってこそのものです。

改めて御礼申し上げます。

2017シーズン、トップチームは三浦泰年氏を新監督に迎えます。三浦新体制のもと、魅力あるプレー、気持ちのこもったプレーを披露することで、鹿児島にサッカーのすばらしさを広げる1年にして参ります。

また会場周辺では飲食を始めとする出店ブースをさらに充実させ、サッカーにとどまらないエンターテインメントを、鹿児島の皆さまにお楽しみいただきたいと思います。

今年より新マスコット「ゆないくー」が鹿児島ユナイテッドFCに加わります。選手ともども、サッカーの試合以外でも様々な行事に積極的に参加し、鹿児島を元気にするお手伝いをしていきたいと思います。

クラブとして4年目を迎えましたが、まだまだ至らないところの多い未熟なクラブです。だからこそ大きな可能性が広がる、未来あるクラブでもあります。
これからも鹿児島を愛する皆さまのお力添えをいただきながら、「鹿児島をもっとひとつに。」をモットーに、鹿児島の新しいシンボルのひとつとなれるように精進して参ります。

ぜひともご理解、ご賛同頂き、鹿児島から全国へ、そして、世界にまで通用するクラブ創りに格段のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2017年 元旦
鹿児島ユナイテッドFC クラブ代表 徳重剛

2017_nenga