Pocket
LINEで送る

本日12月14日、2017シーズンからチームの指揮を執る、三浦泰年新監督の就任会見を行いました。
 

三浦泰年 新監督プロフィール

5
 
■ 生年月日 1965年7月15日(51歳)
■ 出 身 地 静岡県
■ 選 手 歴
サントスFC(ブラジル) → 読売クラブ → 清水エスパルス → ヴェルディ川崎 → アビスパ福岡 → ヴィッセル神戸[2003年現役引退]

■ 経歴・指導歴
2004年-2005年 ヴィッセル神戸チーム総括本部長
2005年 ヴィッセル神戸監督代行 / トップチームコーチ
2005年 FCトッカーノジュニア 総監督
2006年 静岡FC(東海リーグ) 総監督
2007年 FCトッカーノジュニアユース総監督
2011年-2012年 ギラヴァンツ北九州 監督
2013年-2014年 東京ヴェルディ 監督
2015年 チェンマイFC(タイ2部)監督
2016年 カターレ富山 監督

 
会見でのコメントは以下の通りです。
 

徳重剛 代表取締役社長 挨拶

2017シーズンは、J2・J1を目指していく中でJリーグのクラブとして、魅力的なフットボールを見せることや、しっかりとしたチーム土台作りをしていく非常に重要な1年と考えております。その1年を三浦泰年監督に引き受けていただくことができて、非常に嬉しく思います。また熱く楽しいシーズンを鹿児島を愛する皆さまに届けられるよう頑張って参ります。
 

三浦泰年 新監督 挨拶

ビジョンとコンセプトをしっかりと持ったこの地で、監督という仕事が出来ることを非常に嬉しく思うのと同時に、強い使命と責任を感じます。基盤や土台を作り、ユナイテッドにしかできない”オリジナルフットボール”を構築していくことが私の仕事だと思っております。サッカー界の中でも、鹿児島のサッカーが良い基準となるようなそういう存在になっていくために私もしっかり努力してまいります。
まずは1年間皆さまといい時間を過ごす事ができれば、共に同じビジョンに向かって進んでいければと思っておりますので、是非よろしくお願い致します。
 

 
_mg_8655 _mg_8695
_mg_8701 6
 

質疑応答

Q.鹿児島ユナイテッドFCの印象を教えてください

アイディアとイマジネーションをしっかり持った良い選手が多く、アグレッシブなサッカーをしていたという印象があります。
 

Q.オリジナルフットボールについて具体的に教えてください

規律と戦術の部分で、集団でコレクティブに戦えるように、もう一度しっかりした方向性・やりたいサッカーを示していかなければならないと思います。より選手が自由に、自分たちで考えてフットボールができるようになるためは、今まで以上にしっかりとした集団になる必要があります。そこから方向性は見えてくると思いますが、やはり攻撃的で魅力のある、相手を驚かせるようなサッカーを実現できればと考えております。
 

Q.選手達に一番求めたい部分はどこですか

選手にはチームと個人の「勝利と成長」を常に考えながらサッカーに時間を費やしてほしいと考えております。
 

Q.2017シーズンの目標について教えてください

コンセプトとビジョンを掲げた中で、結果だけではなく内容が非常に大事になってくると思います。しっかりJ2・J1そして将来のACLを狙えるクラブに成長するために、今のタイミングで基盤・土台をしっかり作っていかなければなりません。その中でJ2昇格を狙っていきたいと考えております。
 

Q.三浦新監督を抜擢した理由について教えてください

今まで鹿児島ユナイテッドFCが築き上げてきたものプラス三浦監督の指導により、個人・組織としてのレベルアップ。そして、そこから新しいユナイテッドらしいフットボールを築いていければと思っております。また、地域に根差す活動や情報発信にも協力していただけるということが最後の決め手となりました(登尾ゼネラルマネージャー)
 

Q.ファン・サポーターに向けてコメントをお願いします

鹿児島ユナイテッドFCにとって非常に重要な時期での抜擢で、強い使命と責任を感じます。ファン・サポーターの皆さんも共に戦い、鹿児島らしい魅力のあるサッカーを共に味わうことができればと思っております。

 

会見全文はこちら